プロフィール

etu

Author:etu
収集癖が強く、特にカルトナージュと出会ってからは作品製作よりも布や副材料集めの方に夢中の日々・・
“有言実行”が永遠のテーマ!


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

金魚clock


カウンター


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三谷&バレエ

昨日もアップしたが
昨日は本当にゲイジツ濃度の高い1日だった。


昼から池袋の東京芸術劇場で
作・演出/三谷幸喜、
出演/藤原竜也、中村勘太郎、吹石一恵 の
『ろくでなし啄木』  
moblog_adb380c8.jpg

夜は初台の新国立劇場オベラパレスで
『ラ・バヤデール』 というバレエ公演
20110118001


私がバレエのチケットをいただいたので、姉を誘ったら
偶然にも同じ日のお芝居のチケットを姉が取っていて
『ちょうど誘おうと思ってた』って。

絶対三谷優先だけど
時間みたら余裕を持ってハシゴできる・・・

濃いね、と言いつつ、バレエも見たことないし
せっかくなのでハシゴしちゃおうと。

濃かった!笑


それぞれ感想を書き出すととんでもなく長話になるので割愛だけど
どちらの初めてもとっても面白かった。
面白かった、なんて一言で片付けてしまうのは野暮だけど、、
やっぱり面白かったものは面白かった。


お芝居の方は、物語の舞台は明治時代。
セットは極力シンプル。
3人芝居ですごいセリフの量でテンポよく進む。
名前だけはとてもよく知っているけど、実際はほとんど知らない
石川啄木という青年の一面を切り取ったお芝居で
リアリティというか身近というかそんな感じ。

一方のバレエは、物語の舞台は空想上のインド。
これぞ舞台というような作りこんだ豪華なセットで
セリフも歌も一切なく(・・当たり前なんだろうけど少しは歌とかあるのかと思ってた^^;)
生のオーケストラ演奏で鍛え抜かれたバレエダンサーが華やかに厳かに舞い続ける。。
ストーリーを読んでおかないと、イマジネーションだけでは
物語の展開がわからないぞ!と、慌てて休憩時間にストーリーや解説を読む。
19世紀から上演され続けている古典バレエなのだそうだ。


観劇ふたつってだけでかなりの濃度だけど
あまりにも両極端な内容で、違った意味でも
濃ゆ~~い1日だった。

こんなことってそうそうないよ。
贅沢だったな。



バレエで・・・とても不謹慎なのだが
いくつか姉と私のツボにはまってしまって
笑いをこらえるのに必死だったポイントが・・・
ドリフがすり込まれてる脳がニクイ・・・爆
怒られちゃうね^^;





イベントに参加します
201102FARINA
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happytimehappylife.blog72.fc2.com/tb.php/877-a0626279

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。