プロフィール

etu

Author:etu
収集癖が強く、特にカルトナージュと出会ってからは作品製作よりも布や副材料集めの方に夢中の日々・・
“有言実行”が永遠のテーマ!


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

金魚clock


カウンター


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナルカラー診断 体験講座

先週のこと。
我孫子Jファクトリーさんのワークショップ、陶芸エコクラフトに続き
生徒編 第3弾、今回は“パーソナルカラー診断 体験版”に参加してきた。
講師はカラーコーディネーターの小林宏美先生。

カラーセラピーが性格や心の状態などの内面を診断、ケアする療法なのに対して
パーソナルカラーはもっと直接的に外見的な“似合う色”を見つけるアドバイスみたいなこと。
似合う色の傾向を知り、ファッションやメイクなどに取り入れることによって
印象が良くなったり、個性、魅力をアップさせてくれる手法なのだそう。
ブライダルシーンなんかにも多く活用されてるみたいで
講師の先生も、ブライダルのお仕事もしてらっしゃるんだって。

もともと“色”は大好きだけど、メイクやファッションはそれほど熱心じゃないしな~と
思っていたけど、先に受講した姉の話を聞くと、とても面白そうだったし
ちょうど友人から“やってみた~い!”とお誘いを受けたので
たまには自分磨きに興味を持つか、なんてね。

20100422001
並んだ資料、色の洪水に早くもワクワク

personal color text
まずは“パーソナルカラーとはなんぞや”と言う講義から。
色を大きく4つのグループに分類し、それぞれ四季になぞらえ『春・夏・秋・冬』と
言い表すらしいのだが、何を元に色をグループ分けするのか、それぞれのグループには
どんな特徴があるのかをお勉強。とっても面白い♪

くすんだ中間色や、渋めの深い色が好きな私としては
カラーチャートを見ても、特徴を聞いても『秋』が好み。
ただ“好きな色”と“似合う色”は必ずしも同じではないそうで・・・

20100422002
そしていよいよ実際に診断していただく。まずは友人から。
肌の色、髪や目の色とのバランスをみていくので、当日はかなり薄化粧。
鏡が近くてちょっと恥ずかしいね(^^;

ひとくちに“ピンク”と言っても、その色味は多様。
さきほど聞いた4つのグループそれぞれに属するピンクがあるので
『こちらは夏のグループのピンク、次は冬のピンク・・・』と
トーンの違う布を次々にあてていく。

するとアラ不思議!
顔が青白く見えたり、明るく見えたり、くすんで見えたりガラっと変わる~!

20100422003
同じよう、緑、赤、黄色、青・・・とあてながら、一番活き活き見えるのは
どのグループが多いのか、を絞っていく。

友人は完全に『春』だった
肌の色が明るく健康的に映え、華やかな上品さが出るのよ~
友人自身が持つイメージにもかなり近いわぁ

逆にクマが目立ち青白く映る『夏』カラーは、
会社を早退したいときに役立つかもね、なんてね

20100422004
お次はワタクシの番ざんす。
鏡、大きくて、アップ、キツイっす

同じように次々と。
確かに顔映り、変化はするのだけど、それがいいのか悪いのかの判断が難しい。
顔の色ももちろん千差万別なので、中間の人もいる。
その場合も、どのグループに属するのが多いかで傾向を絞るそうなのだけど。。

『夏も・・・いや、冬かな。。でも春もちょっと・・・』と
先生をも困らせるカメレオンetu。

ただひとつ、ここではっきりしたのは『秋じゃないね』ってこと ガーーン
確かに。それだけは自分で見てもハッキリわかる。
布を替えていくと、秋のトーンだけ顔が土みたいに見えるのよ

20100422005
そして冬か春か・・のラインで最後まで迷わせたが、結局『冬』に落ち着いた。

確かに肌が少し白く見える。
さっき友人が具合が悪そうに見えたトーンなのに、私にはそうは映らない。
不思議なもんだ。

『冬』・・・
色のイメージとしては、純白の雪のような透明感のある色。
ポインセチアの赤 クリスマスツリーの緑などビビットで濃く深みのある色合い。
混じりけがなく、澄んでいてシャープな格好良いイメージ。
モダン・・ドラマチック・・・・・

他の人が着ると???となってしまうような大胆でモダンな服を着ても
意外と浮かずに着こなせてしまうらしい。
“確かにあの服、派手かと思ったけど意外と評判よかったなぁ”と
思い当たるものもあったり、そういえば結婚式のときのお色直しのドレス、
真っ赤だった!あれは正解だったのね♪なんて盛り上がっちゃう。

中間色を好む私には、自分の目指すイメージとは違う方向性を示されてしまったけど
これが好きな色と似合う色の違いなのね。

20100422006
その後、簡単なメイクアドバイスも♪
今まで使わなかったような色をポイントに使ってくれて
どうなるんだろう?と思ったけど、派手にならずに明るい仕上がり。
早くもパーソナルカラーの効果を実感。へー♪
特にファンデーションの色選びのアドバイスはかなり参考になった。
今までずっと間違ったトーン使っていたよ~~

20100422007
私がつけると土偶になるブラウンベースのメイクも、友人に施すととたんに輝く。
あらー!Aちゃん、とってもお上品ざますよ~!
メイクしてから似合うカラートーンの色をあてると、さらに映えて
10歳は若返ったようよ!すごーーい!


それにしても・・・
冬の診断に戸惑いはあれど、例えばモノトーンにビビットな差し色、とか好きだし
色味の中にも好きな色はたくさんあるので問題ないとして、
それよりも、似合わない色味ナンバー1のオータムカラーの手持ちが多いこと

この前作ったばかりのあのお気に入りのワイヤーネックレス
追加で買ったキットも秋・・唯一冬のモノトーンキットだけ買ってないし。
あのペンダントも、あの服も、あのコートも、あのカバンも・・・
なんと秋の多いことか(^^;

この日も、秋色ワイヤーネックレスつけていってたのだけど
診断受けたら外したくなっちゃって。。グスン、気に入っているのに。。
そしたら、先生が冬のイメージに傾けるアドバイスくれて少し救われた。

アドバイスと言えば、、今回受けたのは、基礎の体験版。
この先にアドバンスコースとして、パーソナルカラーに沿った
ジュエリー(ビーズアクセなど)作りがあったり、
自分の手持ちの服やメイク道具を実際に先生に見てもらって
この色はどの部類なのか(微妙な色味の判断が難しい・・)
どうしたら自分のトーンで着こなせるのか、なんていう
実践的アドバイスをしてくれる講座もあるそうな。

まぁパーソナルカラーを知ってさえいれば、いざというとき役立つと思うので
普段はくすんで地味に目立たなく背中を丸めて土偶生活を送っていればいいか
な~んて思ったりするけど、それでも似合うと言われれば気になる乙女ゴコロ。
わずかに残っている私の中の乙女をたまには磨いてあげましょう。

ちなみに私の姉も『冬』。
先生曰くあまり冬は多くないそう。
母は子供を産むときに、ウズラのように冬の刻印をつけたのか。
そして姉の好みは同じくナチュラル。さらにメイクもブラウン系。
姉妹揃って土偶人生を歩んでいたとは(笑)
この診断によって姉妹揃って変身なるか!?

予定時間を大幅にオーバーして盛り上がった
とても楽しい1日でした♪

この講座、まだまだJファクトリーさんで開催予定だそうです。
興味のある方、すごーく楽しいのでぜひ♪
詳しい日程などはJファクトリーさんまで。
スポンサーサイト

コメント

すっごく興味津々です v-11
自分の色って全くわからないわぁ~
人から見て良い色、好きな色と違うことろが難しいのね。
今度ハン研でもやりたいなぁ~。
etuさん、プチ講座よろしく。

>eggeggさん、

そうなんですよ~、思いがけないイメージに出会えて
新しい自分を発見できるかも(^^)♪
すでに日常のあちこちで色に支配されつつあります。
さすがに判断力がないから診断はできないけど
体験談ならいくらでも♪
ハン研みんなで受けたら盛り上がるだろうな~って思うけど
我孫子はウチよりさらに遠いからね(^^;

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happytimehappylife.blog72.fc2.com/tb.php/758-c0ce3499

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。