プロフィール

etu

Author:etu
収集癖が強く、特にカルトナージュと出会ってからは作品製作よりも布や副材料集めの方に夢中の日々・・
“有言実行”が永遠のテーマ!


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

金魚clock


カウンター


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ミリの壁

カルトナージュで使うカルトン(=厚紙)
作るものによって多少変わるけど、通常箱モノの時は2mm、
平モノ(ノートカバーなど)では1mm厚を使うことが多い。

柏のレッスン、今回は初の3mmカルトンをカットすることになった。
以前にも一度3mmを使うレシピあったけど、その時はカット済みの
キットを使ったのでさほど気にならなかったのだが、今回は自分でカット。

3mmの壁1

こちらがカルトンの比較。左から3mm、2mm、1mm。
比べてみてあらためて3mmの厚みにびっくり。
たった1mmずつの違いなのにこれだけ違うのだ。
普段の生活では1mmなんて気にも留めない単位なのにこの存在感。
1mmの壁は厚い。

カットするときは、いきなり力を入れず徐々に切り込みを深くしながら
切っていくのだけど、切っても切ってもびくともしない裏面・・・
おそるべし3mm。

今回作るのは“持ち手つきのお道具箱”。
フタの部分は2種類の型紙から選べるのだけど、どちらも曲線。
きょ・・曲線も3mm・・で・・ですかい・・

3mmの壁2

・・と焦ったが、フタの部分はフランス製のカルトンを使うとな。
手前の白っぽいほうがおフランス製
同じ3mmだが、比較的やわらかめでカットしやすいとのこと。
確かに最初の刃の入りはサクっといいカンジ。
されど3mm。なかなか手強かったですぞい。。

3mmの壁3

このフランス製カルトン、
いつも使ってるグレーのタイプの約5倍のお値段だそう
そう聞くと、少ししか残っていない端材ももったいなくて捨てられない。
でも丈夫さを必要とされる大物にこそ活かされる3mm、
これしきの端材でつくれる小物には全く不似合いだわね。

ちなみに今回のお道具箱のサイズ、割と小さめ。
持ち運びも楽だし2mmで十分だと思うのだけどー。
何でも丈夫に作りたくなっちゃうのよね、と先生はおっしゃいます。
かなりの存在感になるであろうミニツールボックス。
どんな生地で作ろうかな~

スポンサーサイト

コメント

17日、至福の時をありがとうございました 

etu先生、
17日はおかげさまで手作りの喜びを感じることができました。家族に披露しまして~褒めてもらえました(笑)

ありがとうございました。




>くろまめさん、

さっそくのご訪問&コメントありがとうございます♪
こちらこそご参加いただきありがとうございましたv-254
本当にとてもキレイに仕上がっていました。
プレゼント喜んでいただけるといいですね(^^)
よかったらまたぜひご参加ください。お待ちしていますv-22

曲線にうっとり!!

お久しぶり!!
素敵なラインだね。カッコイイ!!
出来上がりが楽しみだわ。

>アイスさん、

お久しぶりです~♪
この曲線、アイスさん好きそうだよね。
私はどちらかと言うともう一つのシンプルなカーブの方が好きなんだけど
せっかくの機会なのでチャレンジ・・・
今、まさにどの生地にしようか迷いに迷っています(^^;
なるべく早めにアップできるように頑張るわー
カルトナージュ会もそろそろ再開したいね♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happytimehappylife.blog72.fc2.com/tb.php/716-3adfdfe6

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。