プロフィール

etu

Author:etu
収集癖が強く、特にカルトナージュと出会ってからは作品製作よりも布や副材料集めの方に夢中の日々・・
“有言実行”が永遠のテーマ!


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

金魚clock


カウンター


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャカルタ(2) ~五食!~

旅行と葬儀と、バタバタしている内に5月はあっという間に終盤になってしまったな。
祖母の葬儀から早1週間が過ぎたけど、その後の手続きや片づけで義母はまだまだ
忙しい毎日。。私も片付けなどできるだけ手伝っているけど、小さな部屋でそんなにモノが
あるようには思えない祖母の部屋でさえ、これだけたくさんのモノがあるのかと・・・
思い切って捨てなくちゃいけないってわかっていても、なかなか分別がつかないし、
古く懐かしいものに出くわす度に義母は脱線してしまうしね(^^;

あの量でこれだけ大変なんだから、もし私に何かあったら、ウチのこのモノ達は
どうなるんだろう??誰がどんな風にどう処分するんだろう??
少し前までは趣味の傾向が似ている姪にすべて託そう、と思っていたけど
この量じゃありがた迷惑かも。。相当大変だろうな。。少し片付けよう、、
などと思うのであった。
・・・あ、、その前に順番的に、実家も相当大変だぞ


カルトナージュのこととかアップしたいものが溜まっているけど、
記憶が薄れてしまわぬ内に、ジャカルタネタをアップしておかねば。。
かなり鮮度が失われつつあるけど、写真を頼りに思い出せ!思い出せ!!


で、まずは食べたものの話題。
いつものごとくよく食べた!
1日目の移動日は成田、機内、香港、機内、そしてジャカルタ、と1日五食
空腹感を感じていなくても、目の前にあるとついつい食べちゃうんだよねぇ、、、
さすがに食べすぎた

香港ですでに三食目
こちら当日すでに三食目の、香港空港内での昼食
乗り継ぎ時間が3時間以上あるから昼食を食べよう、って決めていたのに
なんで機内食食べちゃったんだろう、、お腹空いてないよ・・・と言いつつも
とても美味しくいただいてしまったのよねぇ~(笑
中身が7割ニンジンの野菜春巻きは旦那をヘコませたが、私にとってはかなりヒットの
美味しさだった♪春巻きバンザイ♪

香港空港内
香港空港はわりと最近リニューアルしたそうで、とても広くてキレイだった。
ここはフードエリアで、私たちは香港ドルを持っていなかったので、確実にカードが
使えそうなカフェに入ったけど、ファーストフード形式のお店がたくさんあって賑わってた。
ここの下の出発ロビー階にはお土産やさんをはじめ、お店がたくさん!
でも飛び交う言葉の勢いが強いので、少々賑やかすぎて圧倒されがちだったけど(^^;

ギュイ~ンともうひとっ飛びしてジャカルタ到着
バタビア1
うっかりまた機内食に手をつけてしまい、こちら五食目
ランチでも似たような焼きソバ系を食べたけど、やはりジャカルタ初の食事ということで
本場のミーゴレン(焼きソバ)、ナシゴレン(チャーハン)、それと麻婆豆腐と春巻き(また!)
これまた非常に美味しかった・・・のだが、さすがに胃も気力も疲れていたので勢いはなく。。
無理せず残してお持ち帰りにしてもらって、翌朝食べた。
次はぜひお腹ペコペコで訪れたいお店だった。。。

バタビア2
そんなお店の名は“カフェ バタビア”。
出てくる料理は中華やアジアンフードだけど、店内はシックな洋式。
オランダの植民地だった時期があったそうで(知らなかった)、その当時建てられた
建物を利用しているのだそうだ。天井が高く、舞踏会でも出来そうな広さ。
バーカウンターやソファなどもあって、ノスタルジックな雰囲気でとっても素敵なお店だった。
写真左端の柱に額入りの写真がかけてあるけど、実はこれメニュー表。
裏にメニューが貼ってあるのだ。あちこちに掛けてあるたくさんの額が全部メニューなのか
片っ端から確かめたくなる。
上の料理に巨大なビールピッチャー2杯飲んで、全部で8000円弱。
手ごろな値段かな、思うけど、地元の人にしてみればほぼひと月分の給料だものね。

この辺一帯が当時のオランダ人エリアだったのだろう、このバタビアの前は
広場になってて、向かいにもとても洒落た建物があった。
夜なので閉館していたけど、歴史資料館みたいなものらしい。
雰囲気のあるお洒落な建物、昼間ならきっと足元の白いタイルと茂るグリーンの
コントラストがキレイだろうな~、、と思うのだが、夜の広場は電灯も少なく暗く、
あてもなく集まり、その辺に寝転がってる現地の人がウヨウヨいてちょっと怖かった。
寒い国の人は、ホームレスになって外でゴロゴロしようものなら命に関わる事態になるが
暑い国の人は、別に外で寝てしまっても死ぬことはないので、そういうところで生命の
危機を感じることはないものね。どことなくダラ~ンと・・ノンビリ?している感じ。

食事をしている間、車はすぐ近くに路駐していたのだけど、けっこう狭いエリアに
ビッシリ車が並んでいる感じだった。
食事が終わり、車に乗り込み、車を出そうとバックを始めると、どこからともなく
『オーライ!オーライ!』と後方を確認しながら誘導してくれるおじさんが。
運転手さんはその声に従い、バックが終わるとおじさんに10円くらい渡していたが、
聞くとそのおじさんは勝手にそこにいて勝手にそういうことをしているのだそうだ。
誰に雇われてるわけでもなく、見て欲しいと誰も頼んでもいないのに。。

昨夏、義父達がジャカルタに行ったとき、バタビアで昼食をとったそうで
その時資料館も見たらしい。すると、どこからともなくやってきた人が
勝手についてきて、ここはこうだ、ここはなんだ、と勝手に横で話しかけてきたらしい。
ずいぶんおせっかいで親切な人がいるもんだな、と思っていたら、
そう、もちろん最後にお金を要求されたのだそうだ。
ガイドするよ、いくらでどう?などとは言わない。一方的にしゃべってくる。
へ~、などと聞いてしまったら、もう成立だ。
自ら仕事を作り出し実践する意気込みは逞しいとは思うが。。。
親切な人にはご用心、なのだな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happytimehappylife.blog72.fc2.com/tb.php/608-34b838e5

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。