プロフィール

etu

Author:etu
収集癖が強く、特にカルトナージュと出会ってからは作品製作よりも布や副材料集めの方に夢中の日々・・
“有言実行”が永遠のテーマ!


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

金魚clock


カウンター


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい薬

先月ジンマシンのようなものが顔にでて医者に行った話をしたけど、あれは2~3回
薬を塗ったらサーッとひいてしまった。すぐに薬の塗布も止めて、そのあとも医者にも
行かなかったが再発することもなく、結局原因不明のままだけど完治したと喜んでいた。

ただ、おそらく性質が違うだろうと思われる右まぶたの赤みだけは残っていた。
憶測だけど、右まぶただけは眉頭の中にできたニキビを自己手術したあとから
様子が変になったのでバイキンマンが降りてきたのだろう・・と思っている
痛みもカユミもなく赤くなってただけだったので、そのうち治るだろう、と
赤みが増したり乾燥したときなどは、ジンマシンもどきでもらった眼軟膏を塗って
しのいでいた。ただそれでもなかなか治らず、逆にひどくカサカサしたときなどは
まぶたに沿ってアカギレみたいに切れたりするようになっていたので若干ビビっていた。

ジンマシンもどきや右目のバイキンマンと関係あるのかはわからないけど
なんと先週左目周辺が泣きはらした酔っ払いみたいに赤くむくんで腫れてしまった
寝る前に水分をとりすぎたか、寝方の問題かな?といつもながらにのん気に構えていたが
夕方になっても全く退く気配もない。一体最近の私はどうしてしまったのだろう。
さすがに不気味なので、今度は、前回目をつけていた内科と皮膚科とアレルギー科が
一緒になった近所の個人医院に行ってみた。

こんな時期だけど花粉症?とか思ってたけど、肌荒れのようなものだろう、だって。
目の周りはとても弱いから。。もしかしたら右目の炎症が起爆剤になったかも、とも。
先月も肌荒れ路線の診断されたけど、今まで一切化粧品かぶれなんかしない
丈夫な肌だったけど、体質も肌も年と共に変化するということね。。。

それで、先月の症状も説明して軟膏類も持っていって見せたけど
やはり弱くてもステロイド剤の塗布はできれば避けた方がいいということだった。
同じステロイド系でも飲み薬で中から抑えていく方法をとりましょう、と飲み薬と、
顔用にはステロイドが入っていないローションとクリームを出してくれた。
飲み薬は今回は少し強めにして、徐々に弱くするんだって。信頼するしかないか。
これで改善がみられなければ、血液検査などして他の原因を当たりましょう、とのことだ。
前回も激しく感じたことだけど、皮膚科系は原因を追及せず症状を鎮めることに徹するのね。
すぐにでも血液検査してもらいたい気持ちは山々だけど大人しく従うことに。

新しい薬

これが今回処方された薬。錠剤3種とローションとクリーム。
早速、またまた『医者からもらった薬がわかる本』の出番。載ってる載ってる!
薬の詳細が書いてある説明書を出してくれてるので、ローションやクリームの
名前もしっかりわかる。そう言えば前の医者は出してくれなかったな。。

クラドイドローション+石灰水/保湿作用、血行障害による痛みの改善
クロタミトン軟膏+ジフェンヒドラミン軟膏/皮膚アレルギーを抑え痒みをとる。

  この軟膏が塗ってみたらまーーーーーーーーしみる!!
  こんなにヒリヒリするのはいかがなものかと翌日医者に行ったら
  目の周りでデリケートだし痒くない時は無理して塗らなくていい・・
  みたいなこと言ってたけど、症状に合わせて処方したのでは!?ようわからん。。
  特に保湿以外の効果はないが、痒みはないので現在は目の周りも
  ローションで補っている。症状への対策はすべて錠剤から、とのこと。
エルピナン錠/アレルギー性疾患治療薬
ファモスタジンD錠/胃・十二指腸潰瘍、胃炎のお薬

  他の飲み薬に対して胃や腸を守る役目なのかな?
  一般的にH2ブロッカーと呼ばれてる薬らしく(CMできいたことある!)
  本によると『近年開発された薬のうちでは最も素晴らしい薬といえる』なんて書いてある!
  なんだかそんな薬を処方してもらえて嬉しいぞ♪
ベタメサゾン/副腎皮質ホルモン:炎症やアレルギーを抑える。
  これがいわゆる“飲むステロイド”のよう。
  “服用を急に中止するとショック症状がでることがあるので
  症状がよくなっても勝手に服用を中止してはいけない”のだそうだ。
  もともと医者も薬も遠い存在で過ごしている私はすぐに薬の服用を止めてしまうので
  もしこの注意書きがなかったら今頃ショック死していたかもしれない
  怖い!怖い!!徐々に弱い薬にするということだったから薬が切れる前に
  絶対に医者に行かなくてはいけない・・・超プレッシャー!!
  そして本を読むと『カリウム、ビタミン、たんぱく質を採るとよく、
  脂肪、糖質、塩分は控えた方がよい』 とのこと。
  薬をもらった日、本を調べる前にラーメンとクレープ、おまけにカステラまで食べて
  巨悪の3大要素をフルサポートするメニュー・・完全にアウトじゃんね。
  いつもここまで組み合わせないのに、なんでこの日に限って・・・って我ながら唖然。

とにかくショック死(死ぬとは言ってないか・・)の恐怖で薬を欠かさず飲んでるおかげか、
もう目の周りの腫れや赤みはほとんどひいて、かなりよくなってるもよう。
“できるだけ化粧もしないで”という言葉も守り、もらったローション以外は
つけずに、会社にもファンデも塗らずに眉毛とビューラーだけで行っている。
前回よりも目の周りが不健康チックなので、さらにスッピンはキツイ状態だが仕方ない。
ショック死の恐怖(←しつこい)がなければ医者の再診もすっぽかしたいところだが
とにかくちゃんとまた医者に行って、早く完治させなくては世間に失礼だな。
それにしても本当に化粧品のせいだとしたら、今までみたいに適当にその辺のを
使ってちゃいけなくなっちゃうわけね。。やっかいだわ~。。
スポンサーサイト

コメント

やっかいですねぇ。

etuさん大丈夫ですか?
目の周りってのがまたちょっと怖いですよねぇv-390
そうそう、お薬は勝手にやめてはダメですよーv-219
私は内科によくお世話になるんですが、お薬にはいろいろな事情があるようですから。
お肌も内臓も年とともに弱くなるってことなのですねェ。
私も、若い頃は弱いなりにも無理が利いたものですが
今ではもう無理が利きません・・・i-241
もう悪あがきはやめてあるがままに自分の身体と付き合っていくしかありませんねぇi-181
お互い、めげずに頑張りましょーねi-179

はい~

ありがとうございます。ご心配お掛けいたしました。
左目周辺の赤みと腫れはもちろん、右まぶたのカサカサ状態まで
もうほとんどわからなくなるくらい治ってまいりました。
医者へはめったに行かず、ほとんどの症状を自己診断と気合で治してきたのですが
ホント、無理がきかないというか、自分の体をコントロールできなくなってきてしまいました。
朝イチから医者に通い詰める老婆への第一歩が始まったのかもしれませんねv-510
お薬にも色んな事情があるのも初めて経験しました~。
よく友達からも“勝手にやめちゃダメよ”と言われていましたが
今度からはキチンと守るようにしようと思いました(^^;
健康な毎日を送るためにも自己判断は避けなくちゃいけないお年頃なのですね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happytimehappylife.blog72.fc2.com/tb.php/124-3ec0b69b

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。