プロフィール

etu

Author:etu
収集癖が強く、特にカルトナージュと出会ってからは作品製作よりも布や副材料集めの方に夢中の日々・・
“有言実行”が永遠のテーマ!


カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

金魚clock


カウンター


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索

シーに行ってきた♪

9月1日からパスポート代が値上がりするし、
9月4日から、一部の5周年グッズのデザインが変わってしまう、と言うので
一度は諦めていたシーへ、やはり諦めきれずに滑り込みセーフで行ってきた。

日差しは強いが、風は秋めいていて、なかなかのパーク日和

今日は9月4日オープンのニューアトラクション‘タワー・オブ・テラー’の広報のための
プレスデーだったらしく、園内はいたるところにテレビや雑誌などの
プレスがうじゃうじゃ でも有名人は一人も見かけることが出来なかった。ちぇっ。
ゆるゆるスタートだったので、お昼頃着いて、早速ランチを食べようとおもったお店も、
貸切だったり、プレスルームとして一般閉鎖されていたりで、かなり出鼻をくじかれて
凹んだが、SSコロンビア号前のドッグショーがそんな気分をチャラにしてくれた。

シーのショー1
ショーのシナリオも5周年をむかえて(なのか?)リニューアルしていて
‘アメリカからイタリアへ向けて出向する豪華客船に、貧しい兄妹が、
イタリアにいる病気の母に会うためにこっそり忍び込み、しかし見つかってしまい・・・’
と言う、設定を聞いただけでも涙が出そうなストーリーで、そこに歌と踊りとドタバタが
組み込まれ、やがて感動のフィナーレへ・・・
シーのショー2
最近のショーは観ても‘ふんふん’くらいにしか思わなくなってしまって
私も心が枯れてきたか・・・と思っていたが、お決まりのストーリー展開にも関わらず
おもわず感涙をおとしはべりぬ・・
まだピュアな心も残っていたか。
オススメです。シーにお出かけの際はぜひご覧くださいませ。

その後、コレクター魂を揺さぶられる展開となるのだが
今日は遅いし、明日はお仕事なので続きはまた明日~
スポンサーサイト

セミ爆弾

先日、とあるメールマガジンが投稿を募集していた。
テーマは‘あなたが夏の終わりを感じるのは?’というもの。
メルマガをちゃんと読むのもたまにだし、ましてや投稿なんてしたこともないのだが、
なんとなく気が向いたので送ってみた。
でも、採用されることはないと思うので、記念にここに残しておこう。


『夏の終わり・・・それはもちろんセミの死骸がいたるところにばらまかれる季節。道路に、マンションの廊下に、そしてベランダに。。うっかり踏まないように気をつけなければいけない。さもないと、あの‘カシャ’という渇いた音にしばらくうなされることになるだろう。うっかり近寄ってはいけない。実はまだ生きていて、炎の消える直前の煌きのように突然暴れて寿命を縮めさせられるかもしれない。ベランダのセミ爆弾は1日放置して、絶命を確認したら、そぉぉ~~っとチリトリですくって下の階へ捨ててしまおう。これで私の夏は終わる。。。』

暑さの中に秋が混じり始め、いよいよセミ爆弾が投下され始めた
ベランダへの投下だけはどうか免れますように・・・と祈っていた矢先、
一昨日、嫌がらせのように早速初投下にあってしまった。
「何故だ・・何故オマエはここを最後の場所に選んだのだ・・・」
洗濯物を干しながら横目でチラチラと確認していたが、ピクリとも動かないので
すでに不発弾であろうと予測できたが、念のためセオリー通り一日放置策をとることにした。
意を決して昨日不発弾処理に向かったところ・・・
・・消えている・・・
絶対に絶命していたと思うのに・・ミステリー!
友人は「鳥でも来てもってったんじゃない?」と言うが。。。
いずれにせよ、私も、そして階下のお宅も助かったと言うことね。
めでたし、めでたし。
これからも毎回ミステリーが起きないかな。

あなたにとっての夏の終わりは何ですか~?

久留里城

20060827152733
房総半島の真ん中に城があるとは知らなかった。
最初どこにあるのかわからなくて、
久留里城だけにクルクル探しまわり、
4クルリ目でようやくたどり着いた。
(サムいのは承知の上です…苦笑)

城といっても写真に写した天守閣しか残ってないし
展示物は各地のお城の紹介だし、
資料館はネタ切れか、ナウマン象の化石まで
併せて展示してある小さなものだが、
そのわりには思ったよりは人がいた。
地味だし、たぶんもう行かないけど面白かった。

カニ!

20060827140628
帰りがけ安房白浜の岩場で磯遊び。
この他にちっこい魚2匹、ちっこいエビ5匹。
エビ、連れて帰って飼いたいなー

ショック…

20060826183655
スタンプ好きの私の心を揺さぶるスタンプラリー♪
売店でスタンプ帳を買い、シーワールドの端から端まで
12個のスタンプを全部押すと記念バッチがもらえると言うことで、
子供達に混じって楽しんでいた。
とあるスタンプで、前にいた女の子が、少しモタモタしていた。
付き添いのおばあちゃんが
『ほら、あんた早くしなさい!』と急かすので
『いいんですよ、ゆっくりねー』と言うか言わないかのうちに
『ほら、後ろでおばちゃん待ってるじゃない!』

…ガーン( ̄▽ ̄;)

そりゃ‘おばちゃん’と呼ばれてもしょうがない年かもしれんが
麦わらかぶってタオル首に巻いたバアサンに言われたかないよ…(ToT)
これでもまだ年よりは若く見られる方なのよ…
初めて‘おばちゃん’と呼ばれて、しばらく立ち直れなかった、、、

シャチのジャンプ!

20060826153319
尾ビレでボールを蹴る瞬間!
(悔しいが旦那撮影)

鴨川シーワールド

20060826135825
海の動物達のショーでお馴染の鴨川シーワールド♪

迫力満点のシャチのショー!
水かけがバージョンアップしてて、
スコールゾーンの人達はズブ濡れ(^o^;)
産まれて半年の赤ちゃんも可愛かった~

シャチとイルカは2回ずつみたけど、
内容も少しずつ違ったりするし、
何度みても楽しいねー♪

小湊でスパ

20060825171523
千葉房総は小湊へやってまいりました。
以前訪れた時にたまたま泊まった
‘サットグランドホテル小湊’の温泉スパが結構楽しかったので、
今回はそれを目当てに予約して来たのに…
なんとスパ全面改装で10月まで閉鎖中!?
夏休みなのに?事前調査不足なんだろうけど…
ネットで予約したんだけど、そんなこと…
書いてなかったよー!…たぶん…(ToT)
正直、スパがないなら別にここじゃなくてもよかったしぃ~
ま、グズグズ言っててもしょうがないので、
近くの‘ホテル三日月’のスパに行ってみた。
でも、温泉スパというよりは水温も低くプールといったかんじで、
ジャグジーも二人でいっぱいいっぱいの大きさだし、
いろんなお風呂巡りをしたかった私達の希望とは
ややかけ離れた仕様でした。残念!
でもサウナで汗を流してサッパリ!(^o^)
楽しかった♪おなか空いたぁ~

がざだばぱ

『あかさたな はまやらわ』
五十音のあ段は、見出し役としてかなりの頻度で生活の場に登場していると思うが、
概ねここから『あ・いうえお、か・きくけこ』のように各行へ降りて考えることが多いので、
い段やう段などはなかなか思考の表面に出てくることがないように思われる。
さらに『がざだばぱ』の濁音&撥音チームにいたってはその登場回数は激低だろう。
そんなことをふと思ったので、がざだばぱチームにスポットをあてて
久しぶりに声に出して言ってみようと思い立った。

がざだばぱ。
う~ん、さすがにあかさたなほどではないが、
これもあ段だけあってなかなか馴染んでいるカンジ。
クイズの答えなんかで単語を探すときなんかも、
意外と忘れがちな言葉を見付けるのに活躍してくれるし。
いいねー、がざだばぱ。

さていよいよ『い段』。ぎじでぃびぴ。
…あれ?なんか変だぞ?『でぃ』なんてないんだよ、五十音には…
待てよ、だ行だから『ぢ』でしょ、
そっか、『じ』も『ぢ』も発音すると同じだから言いにくいのかな?
頭のなかで文字を浮かべながら『ぎじ・ぢ・びぴ』
言えた、言えた。

お次はう段、ぐずどぅぶぷ。
…あれ!まただよ!?『どぅ』じゃないよ、
えーと、だぢづ…だから『づ』でしょ、、
『ぐず・づ・ぶぷ』。ぐず・づぶぷ、ぐずづ・ぶぷ、ぐずづぶぷ。

ふむー。どうやら同じ発音が続くのも一因のようだが、
次にくる『び』と『ぶ』の発音にも関係がありそうだな。
母音で始まる単語の前はaがanになるようなものか…
タクシーやネクタイの『く』が、自然とハナに抜けたような『っく』の発音になるのと
同じ現象なのかもしれないな。
いずれにしても、滑らかなぎじぢびぴとぐずづぶぷを手に入れるには少し練習が必要だな。

さてさてお次はえ段。げぜでべぺ。(爆)
なんだよ、げぜでべぺ、て。
げぜでべぺ、ゲゼデベペ、げぜでべぺ。
あー面白い。しかも言い易いし。
イメージはドイツの軍人だな。ゲゼデベペ大佐。
ゲゼデベペ大佐はもちろんデベソ。

最後はお段か、ごぞどぼぽ。
お~、さすが五十音の最後を締めくくるだけあって、下水管のようは雰囲気。
ごぞどぼぽ、ごぞどぼぽ、ゴボゴボゴボ…

調子に乗ってレギュラーチームも唱えてみよう。
いきしちに、ひみゐりい(ひみーりー!)……(笑)
日本語って面白いな~

皆さんも声に出してぜひどうぞ。

変な雲

変な雲
今日、夕方の空。
最初は細くて普通のひこうき雲かと思ったけど、
少ししたらふくらんで竜巻みたいになった。
こんな雲初めて見た。
旦那は『地震雲だ!』と言うが、そうではなさそうだけど・・・
でもなんか変だな~

そーめんチャンプルー

今日(・・というか、日付け的にはもう昨日だが)、昼食にそーめんをしたのだが、湯がきすぎて余ってしまった。先日、沖縄物産店‘わしたショップ’へ行った時に、そうめんチャンプルーの素を買っておいたのを思い出し、作ってみることに。本当はモヤシやアサツキ、彩りに赤や緑のピーマンなんかも入れるとよいみたいなのだが、何も準備してなかったので、炒り卵とシーチキンで。
そーめんチャンプルー
ドームに野球観戦に行く日だったので、唐揚げを添えてお弁当に。本当はチャンプルーにするには硬めに湯がき上げなければいけないのだが、普通に食べるように湯がいたものなので、ちょっとやわらかかったのと、レシピには書いてなかったけど、少し塩コショウした方が味が引き締まるかな~と思いましたが、冷めても結構おいしかった。チャンプルーの素、今回は二袋使ったけど、五袋入りで200円くらいだったから、安いし手軽だしいいかも!具材も色々工夫次第で食事にもおつまみにもなるし楽しめそう♪今度はモヤシ買ってちゃんと作ろう。みなさんもぜひどうぞ~

小花のアクセサリートレー

カール・ルイス(古っ!)並みの速さで集めている布や紙類の材料に比べ、
赤子のハイハイ程度でしか進まない手工芸作品作りだが
それでもポチリポチリとたまに完成品を誕生させたりもする。
ペントレー
こちらはカルトナージュのアクセサリートレー。
友人からリクエストを聞くだけ聞いておきながら、まったく手が進まず
2ヶ月くらいかかってしまったが、先日ようやくプレゼントできました。
気長な友人に感謝
まだまだ未熟なので、小さくて単純なものしか作れないし、
よく見るとあちこち気になるところもあるが、
出来上がるとやっぱり愛しいし、友人にも喜んでもらえて更に嬉しい。
よ~しっ!と意欲に燃えるが、すぐにまたユルユルペースに戻ってしまうのでした

ヨーヨーの呪縛

私はチマチマと物を集めるのが好きで、ドリンクなどに付いているオマケなども
ハマると夢中になって集めてしまう性質なのだが、
実は旦那も同じような性質を持ち合わせている。
私のように結構すぐに何でも引っかかってしまうわけではないが
ひとたびハマった時の集中力はかなりの凄まじさを誇る。パッケージ
こちらは現在限定販売されているコカコーラ社のクラシックボトルシリーズ。
ボトルデザインも復刻だが、それに80年代流行したヨーヨーの復刻版がオマケでついている。
まぁ、ドリンク代プラスαの値段なので、厳密にはオマケではないが。。
クラシックボトル
旦那はこういう復刻ボトルなどが好きなほうだし、ヨーヨーも懐かしくていいじゃない♪と
コンビニで見つけたときに、軽い気持で教えたのがいけなかった。
なんと私の予想に反して、ボトルではなくおまけのヨーヨーに大きく反応してしまったのだ。
聞けば小学生の時、彼は地元で開催されたジュニア大会で
準優勝した経験があるというヨーヨー少年だったのだ。
かくして旦那の記憶の奥底に眠っていたヨーヨーへの情熱に火が着いた
このヨーヨー、全部でレギュラーデザインが7種類、それにシークレットが1種類と
コレクター心を刺激する内容となっている。
おまけにドリンクの種類とはまったく関係なくアトランダムにセットされているので
狙いを定めることができない。ゆえに全種類コレクトに燃えた結果・・・
yo-yo-yo!
あっという間にヨーヨーだらけ。
しかもレギュラー7種も均等比率で流通させていないようで
ファンタとスプライトの確率が非常に高く、コーラ(赤)が少ない。
そして、旦那が一番欲しがっている、その幼少期の思い出の種類であるらしい
白(銀?)のギャラクシーというのがまったく出てこない。
これだけ買ってもいまだに出てこない。
これではレギュラーではなくシークレットではないか!ずるいぞ!コカ・コーラ社!!
シークレットゴールド
自分の行動は棚に上げて、いい加減諦めればいいのに・・と思っていたら、
シークレットのギャラクシーゴールドを引き当ててしまった!
これには大喜び♪
しかし、もしレギュラー7種が先に揃っていればなんとなくキリをつけて
シークレットを諦めることができたと思うが、こうなってしまうとやめるにやめられない。。
ギャラクシーを引き当てるまでは呪縛は続いてゆくのであろう・・・
どなたかファンタ&スプライト10個とギャラクシーを取り替えてください。。。

ボタンも楽し♪

休日によく使っている安物のカバンについていたボタンが取れてしまった。
安っぽい飾りボタンだったし、別になくても全然構わないのだが
なんとなくないと淋しいので、その内同じような雰囲気の安物をあてがうつもりでいた。
ところがたまたま可愛いボタンやビーズを扱っている店を見かけたので
ふらりと入ってみたら、わかってはいたのだがこれがパラダイスなのだよね~
チマチマ大好きなもんだから、見だしたら時間が経つのも忘れて
たかがボタン1個買うのに30分以上かけてネチネチと見まくってしまった。
最初は1個100円前後のプラスチックや貝殻の安物から選ぶつもりのはずが・・
ボタン
あれこれ見ている内にだんだん値が上がり、結局500円もするボタンを買ってしまった
(まったくそんな風には見えないでしょうが・・
おかげで安物のカバンが一気にグレードアップ♪
でもなんとなく近所へ出かける時の気分も違うし、迷ったけど、気に入ったのにして良かった。
底なしの世界なので手を出してはいけないアイテムではあるが、やはりボタンも楽しいな~

ところで。気分屋で、気が乗らないとボタンが取れても裾がほつれてもまったく修復しない私。
旦那からの依頼品も数え切れないほど放ってあるのに、自分のだけそそくさと
つけているのを見つかってしまい、ブーブーと苦情を言われてしまった。
はいはい、その内やりますよ~~

旅土産、ほぼ自分たち用。

そう言えば。
仙台方面は何度も行っているので、あまりお土産類は買わなくなってしまったのだが
今回はチョコチョコと買ってきたのだった。

山形の上杉城史苑のお土産コーナーにて。
上杉謙信好きの旦那に火が着いた。
毘だらけ
左から‘毘’手ぬぐい、剣耳掻き(鞘から抜くと刀部分が耳掻きになっている・・が、毘シールを外してしまうと謙信だかなんだかわからなくなってしまう)、謙信の名句が書かれた木のハガキ(買うだけではなく名句を心に刻み付けて生きて欲しいものだ)、上杉謙信キューピーストラップ(え~?!・・と思ったが、旦那が携帯に付けたのを見ると結構可愛くて私も買えばよかったかも~)、手ぬぐいの上のは私のサクランボストラップ。


こちらは会津鶴ヶ城にて。
会津近辺は野口英世ゆかりの地ということで‘英世千円札タオル’ミルクシルクの滑らかな肌触り。
英世タオル
『千円札が大好き』と言う、非常に慎ましやかで庶民的な私の友人へのお土産に買ったのだが、我が家もご利益(あるのか?)に与りたく購入。鶴ヶ城とはまったく無関係。


こちらは今回の私の一番のお目当て
山形は‘シベールのラスク’(右)
ラスクと羊羹
ちょうど旅行前に地元でラスクを買ったらおいしくて、会社に持っていったらとても評判がよくて気を良くしていた。その時に『確か山形に美味しいと有名なラスクがある』と聞いたので、それはぜひ買ってこなくては!と、にわかラスカーとなったのでした。山形まで行かずとも仙台の駅ビルに販売店がありゲット。実は東京でも買えるらしいが・・・(^^;
来週会社で食べるのが楽しみ♪
左は‘白松がヨーカン’のミニヨーカン七夕バージョン。気分だけでも七夕祭り。


それにしても、お土産売場と言うのはよく見るとへんなものがいっぱいある。買ってきた物もそうだが、なんでもムリヤリこじつけて作ればいいってもんじゃぁないだろに。今回のヒットは、城史苑で見つけた‘鷹山根付け’。小さな木のお札みたいのに『交通安全』だの『恋愛成就』だのと書かれているのだが、なぜか『ダイエット中』というのがあった。裏には仰々しく『鷹山』の文字と落款。あまりのアンバランスに笑いが止まらなかった。旦那にやめろと怒られたので写真を撮ることができなかったのだが、もし城史苑に行く機会があったら探してみてください。それと鶴ヶ城で売ってた‘赤ベコ目玉オヤジ’ストラップも不気味で面白かった。

ヤギハト

ヤギハト

今日、友人と一緒に横浜元町へ友人を訪ねて行ったのだが、
友人宅へ向かう途中、トンネル脇の石壁に友人の目がくぎ付けに・・
見ると垂直に近い石壁に壁画のようにハトがたくさんとまっていた。
わずかな出っ張りに起用に足をかけて、外側の足はかなり踏ん張っていた。
高地の岩場に生息する野生のヤギのようだった

ばあちゃん退院♪

おばあちゃんが退院しました
ずっとベッドで寝たきりだと、老人の場合、あっという間にボケがすすみ
そこから元の状態に戻るのは難しいことが多い、と言うことで、
幸いにも祖母が住んでいるのが、介護付きのケアマンションみたいなとこなので
投薬治療に変わったら、なるべく早くいつもの環境に戻そうと言っていて
週末にICUから大部屋に移り経過をみて、なんとか自宅療養のはこびとなりました
病院では、結構騒いで手をかける存在だったようで、
別の意味でも(?)看護婦さんたちもホッとした様子でした(^^;
周りに迷惑をかけないように、とのことらしいですが、
かなり強めの薬(鎮静剤?睡眠薬?!)を入れられていたようで
お見舞いに行ってもモウロウとした状態で痛々しかったので、その点でも一安心です。
仕方のないこととは言え、やっぱりだからといって薬漬けはね、、、
自分の部屋に帰れば少しずつ意識もはっきりしてくれるんじゃないかと思ってます。
まだ、状況が飲み込めていないらしく、自分のベッドにいるのに
『いつ帰れるの?』と聞いているようですが・・・

旅日記~つづき

あづい・・・
こうも暑いと、そのうちフォンジーが熱帯魚になるぞ、きっと。。

仙台なんかは、少しは涼しいのかと思っていたが、
まったくもっての灼熱攻めであった。もちろん福島も。
もはや『天気が良くてよかったねー』なんて言ってられない
非常に観光に不向きな暑さだった。

そんな今回の旅行の続き、会津若松編。
旅先から、携帯でアップしまくっていたので、
あっという間に充電が減ってしまい、
後半は写真を撮るだけにしておいたのでした。
おヒマなら見てね~。

続きを読む »

高速のガソリン代

20060806163027
暑さとともに上がり続けるガソリン代にゲンナリ。
高速のガススタは高いから…と、
出発前に満タンにしてから出かけたのですが、
なんと!!
高速の方が安いんですよー! ・ハイオク 148円 ・レギュラー 137円 ・軽油 114円

出発前の価格が151円(ハイオク)、
仙台や福島では156円なんて店もみました。
レギュラーもすでに140円代になってるみたいだから
これから高速でお出掛けになる方は
高速のガススタをご利用された方がお得ですよ!

東北道と常磐道で確認した値段ですが、たぶん他も同じかなと。
ポスターによると‘8月の値段’みたいなので、
今月いっぱいは固定価格なんじゃないかと思います。
もし違ってたらゴメンなさいませ…(^^;

帰りがけに、降り口に一番近いSAで満タンにして帰ります(^-^)

登起波

20060805150651
こちらが先程の米沢牛をいただいた登起波。
(ずーっと‘ときなみ’だと思っていたが今日‘ときわ’であることが判明)
米沢は上杉城史苑からほど近いとこにあり、
明治創業、皇室にも献上したことのあるお肉屋さんが
営んでるお店で、最高級A5ランクの米沢牛が食べられます。
まぁ、高いお金を出せば美味しいのは当たり前…と
言われればそれまでですが、こういう贅沢も旅の楽しみかと(^-^)

このあと上杉城史苑をブラブラして、
会津若松へ向かいます。

米沢牛!

20060805134811
炭火焼きロース、カルビ盛りあわせ 松(200g)×2人前

うまいスー!
高いスー!(^_^;)

七夕一色

20060805122416
これも昨日の夜。
アーケード街も七夕一色。
最後の準備に遅くまでワサワサと活気づいていました。
もちろん祭りも好きだけど、
また祭りの準備ってーのもいいんだよね~!

そして、すっかり祭りの準備も整った街をあとにして
米沢へ向かうのであった。
花火は見たかったなぁ…(^_^;)

昨日の夕飯

20060805115116
昨日の夕げは、仙台にくるとよく行くお店は今回はやめて新規開拓しよう!と、サッポロビール仙台工場直送タンクがある、居酒屋さんみたいなとこに行きました。なぜか牛タンだけが美味しくなくて、びっくりのガッカリでしたが、他は美味しかったです。
何より一番よかったのが、コースでもないのに、豊富な種類の飲み放題(1550円)があったこと!旦那が超ハイペースの呑兵衛なので、あっと言う間にもとをとり、お特な気分も味わえました。

仙台到着(^-^)

20060804161522
ホテルのロビーにも七夕飾りが下がってて
祭り気分が十分に味わえる♪
結局お昼ご飯まともに食べなかったから
夜ご飯が楽しみ~(^-^)

来る途中、磐越から東北道に入って、
1時くらいに国見SAで休憩したとき、
おなかも空いたので、軽く食べようかと、スナック屋台みてたら
桃やメロンのカットフルーツに混じって
氷入りの壺で冷やされてる“きゅうりの一本漬け”を発見!
一本丸々割り箸にささってて、よく冷えてて美味しそう!
豚串とともに購入して、さっそくかぶりついたけど…
なんだか物足りなかった(^_^;)
サッパリはしてるけどただの冷えたきゅうりだった。
漬けと言うからには、もう少し漬っていてほしかったわ。
きゅうり買ってる人たくさんいたけど、
みんなに感想聞きたかったもん。

ただいま常磐道北上中!

20060804113624
平日とあって、さすがにパーキングもガラガラ。
しかしいい天気だ♪
昼くらいに着いて、牛タンランチ食べようと思ってたけど、
ちょっと出るのが遅れたのもあって
無理そうだな。
夜は何食べられるかな~(^-^)

なんだか久しぶり

ここんとこ少しワサワサしていて、更新サボってしまってた。ガラクタたちが列をなして待っているのに、いかん、いかん。

先週の金曜、おばあちゃん(旦那の母の母)が90歳の誕生日を向かえ、そしてその日の夜、心不全で緊急入院してしまった。不整脈や軽い肺炎などもあり、安静が必要な状態ではあるけど、もう危ないことはなさそうで、徐々に回復に向かっているので一安心。
『お粥さんは好きじゃない』とか『退屈だ』とか、動いちゃいけないのに動きたがったり、管を外しちゃったり…気丈なだけに、看護婦さんを困らせるほどワガママも言ってるみたいだけど、それだけワガママ言えるなら退院も遠くなさそうかなと。早く元気になってねー。

安心したところで明日から仙台♪2泊とりたかったのだが、どうやら明後日から七夕祭らしく、一泊しかとれなかった。『祭があるから行くんじゃないの!?』と、友人にあきれられたが、ただダラダラと飲み食いしに行くだけの私達にはそんなことは全くノーマークだったので、祭が始まる前に仙台を脱出してしまう。そのあとは米沢牛食べて、福島あたりで一泊かな?気ままにブラブラとさまよってきます♪
 | HOME |  ▲ page top