プロフィール

etu

Author:etu
収集癖が強く、特にカルトナージュと出会ってからは作品製作よりも布や副材料集めの方に夢中の日々・・
“有言実行”が永遠のテーマ!


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

金魚clock


カウンター


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三越~最終章~

まずは昨日の電話から。

結局、他のクリーニング業者に掛け合ったが、やはり異素材の組み合わせや
元々のプリントが落ちる恐れなどもあり、ちょっと染み抜きは難しいとのこと。

へ~。確かに言ってる事はよくわかるけど、じゃぁカバンが汚れても
洗濯できないってことなのね。革が硬くなるのを覚悟の上でならできるのか。
クリーニング業者としても、天下の三越の依頼で『できます!』と言って
何かあったらマズいから、100%安心できる状況じゃないと受けないのかもね。
自分でその辺のクリーニング屋に持っていって、とにかくやってください
って言えば、やってくれたりしてね。

そして、申し訳ないけど、カバンはこのまま色移りした状態でお返しするとして
こちらからは別の形で“お詫び”という方法を取らせていただきたいと・・・

“別の形でお詫び”!?
いかんいかん。欲の虫が一気に呼び起こされてしまった。
そもそもクレームを言ったのは、そういう意味じゃなくて、企業の、今後の
その対応策に、何か役立てばと思ったのであって・・・って“お詫び”?!
お詫びって何だろう・・・もしかして・・・あ~欲深い私をお許しください・・・

   イイテンキダネェ~

そして今日、丁寧で素早い対応をしてくれた担当者の執事が、
またわざわざウチまでやってきた。今日も相変わらず丁寧だった。

お帰りのカバン
はい。カバンはそのままの状態で帰ってきました。おかえり。
真ん中だけかと思ったら、横の方にも若干色移りがあることを指摘された。あらあら。
正直この程度の色移りなら簡単に落ちるんじゃないかと期待していたんだけどね。
安物のくせに面倒な性格だったのねぇ~。でも、クレームさえ言わずに
このまま使う気でいたので、結局同じ状態で使うことになっても
やるだけやってもらって気分はスッキリ。

そしてそして。。。
三越商品券
じゃん。こちらが“別の形のお詫び”。商品券なんと1万円分。
欲深い妄想で、商品券貰えたりして~なんて考えてしまっていたことは
否定できないけど、これほどいただけるとは。。。ちなみにカバンは
7800円くらいだった。そのことは三越にも聞かれたので預ける時に伝えてあった。
原価より多いじゃん。

三越曰く、メーカーもわかるので同じ商品を探して新しいお品を
お渡しすることも可能とは思いましたが、それではこちら(色移りした現物)は
結局当方で引き取り、処分ということになってしまいますので、それでは
このカバンが若干もったいないような気もしまして、検討の結果・・・

と言うことなのだそうだ。
新品を返してもらえれるのも嬉しいけど、こちらの方が正直嬉しいです、はい。
なんだか多少期待をもって予期はしていたけど、実際もらうとなると
結局お金で解決というか、そういう形で詫びを入れさせたようで、
一気に金目当てのクレーマーになった気分に陥ったりもするけど
嬉しい気持ちにウソはつけないので、恐縮しながらいただきました。

いやはや。思い切って電話をかけて、最後はなんだか得してしまって
嬉しいやら、喜ぶ自分が卑しいやら・・・(^^;
とにかく三越の対応は素晴らしかった、の一言に尽きました。
これに味を占めて、うっかり悪質クレーマーにならないようにしないとね。

ちなみにこの前も書いたけど、染料色移りの事例がここ最近多いので
これを機に今回のことも参考に改善していく、とのことでした。
でもデザインは替えられないんだって。頑張ってくださいねー。
スポンサーサイト

留守電

今日は出かけていたのだけど、帰ってきたら三越から3回も留守電が入っていた。
最後の留守電では『本日はもう営業が終わってしまいますのでまた明日かけ直します・・・』と
悲しそうな声で入っていた。どうなったかはわからないけど、これまた早いな~
さてさて、どうなったんでしょうね~

三越~途中経過

『ヂョ』にツッコミを入れていたら、三越から電話がかかってきた。
くだらない話題をアップするなとのお告げかな(笑)

『お預かりしているカバンの件ですが・・・』
聞けば、白洋舎に出したところ、持ち手と底に革が使われているので
丸洗いすることができず、部分漂白するとプリントされてる花柄にまで
影響する恐れがあるのでできない、とのことなのだ。
それは自分でもやろうと思って躊躇したことだからよくわかるのだ。
それで、皮革専門の業者へ再度出してみるので、もうしばらくお待ちください、
お電話が中間報告になってしまって申し訳ない、とのことだった。

なんのなんの。とても早い対応だし、いくつか業者を当たるかもしれないから
時間がかかるとは最初からわかっていたこと。
わざわざ中間報告の電話をくれるなんて丁寧すぎる対応ではないか。
あちらにとってはたくさんあるクレームのうちのひとつだろうけど、
それを感じさせない、1対1を実感できる対応にまたまた好感度が上がってしまった

三越がやってきた!

この前の嵐の日に、お気に入りのカバンが色移りしてしまった~と嘆いたが
“三越に言ってみれば?”というコメントをもらい、最初はそんなムリ~と思ったけど
クレームをつけるというよりは、こういうことがあった、という事実を知ってもらって、
今後の対策に役立てば・・と言う思いもあって、昨日勇気を出して電話してみた。
(旦那曰く“立派なクレーマーじゃん”とのことですが・・

そしたら、即座に『お預かりしてシミ抜きできるかやらせてください』とのこと。
そんな風な対応してくれるとは思ってなかったのでビックリ。
たいしたカバンじゃないんだけど、それでもお気に入りはお気に入りなので
せっかくだからお願いすることにした。来週会社があるから持っていっても
よかったんだけど、ご足労かけては申し訳ない、と引き取りにくるというのだ。

そしてさっき引き取りにやってきた!素早い!業者が委託でくるのかな~と
思っていたら、電話で応対してくれた相談室の担当者が直々にやってきた!
品の良さそうな、執事っぽい初老のおじさん。でもきっとクレーム対応のプロに
違いない。。さぞや色んなクレーム対応して、嫌な思いもしてきたのだろうなぁ。
こんなカバンのためにわざわざすみません、、と、かえって恐縮。

聞けばここ最近、同じような事例がチラホラあるというのだ。
染料の質を落としたのではなく、以前の落ちにくい染料は環境によくないからと
変えてしまったのだそうだ。難しいのだな。
こちらもクレームをつけておきながら“いつもはビニールかけてくれるんですけど”とか
“あんな嵐はそうそうないと思いますがね”とか、ついついフォローを入れてしまう。

三越預かり票

カバンは、提携のクリーニング業者、それでもだめならカバン専門の修理業者も
いくつかあるので、時間がかかるかもしれないけどできる限り努力させてください
とのことで、しばらく入院生活となった。すみませんがよろしくお願いします。

それにしてもさすが三越。なんて急に持ち上げちゃうけど、
やっぱり老舗の対応は違うのぉ~、、と感心しきりだった。
退院してきたらまた結果報告しまーす。

クレームの行方

先日DHCから手紙が届いた。
もうだいぶ前のことだが、使っていたクリームに変色がみられ、
その色と変色の仕方がどうも普通ではなかったので、
電話をして調べてもらうために送ったのだ。

DHCからの手紙

続きを読む »

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。